春のファスティング(最終回)

fasting

ファスティングの断食がが終わり復食期の流れです。

 

ファスティングが無事終わり復食期の最初に食べるのがスッキリ大根です。

作り方は大根を短冊切りして水を2リットルと出汁をとるための昆布で20分ほど煮込むだけの料理です。

シンプルであっさりした出汁ですがファスティング直後は何も食べていないので味覚もリセットできているのでとても美味しく感じます。

これを梅干しやキュウリと一緒に煮汁とともに食べていきます。

これを食べると大体30分程度で宿便が洗い流されて一気に水便として出てきます。

大根の食物繊維がお腹の中に残っている老廃物などを流しとってくれるのでお腹の中がキレイにスッキリになるのでスッキリ大根と呼ばれています。

 

スッキリ大根を食べるとファスティング直後と比べて体重が0.5から1キロ程度戻りますがこれは単純に身体から失われている水分が戻るためです。

体にとって水分はとても大切です。ファスティング中の水分補給ができていれば戻りも少ないのですが夏場などは発汗で水分も失われやすいのでこまめな水分補給は必須です。

 

ファスティングの成功のポイントは準備期からしっかりと食事を整える。

ファスティング期間中は食べ物からの水分が入らないので意識してのどが渇いていなくてもこまめに水分補給をする。

 

当然個人差がありますが一般的にファスティングをすると3キロ前後の体重減少が見込めます。

ただしファスティング期間中に体調の変化など具合が悪くなった場合は一中止するなどの対応も必要なので、初めてファスティングをされる方はプロのサポートを受けたほうが安心できると思います。ファスティングはメソッドなので自分に合った正しい方法を覚えれば2回目以降は自分でできますよ。

 

岡山市北区のパーソナルジム

ボディ&バランス

 

プロのファスティングポートはこちらから

春のファスティング(最終回)
トップへ戻る