初夏のファスティング

ファスティングをするときに大事なことは事前の体調管理です。

ファスティングの効果の中にアレルギー反応の減少なども期待できますが、花粉症など季節的に症状が出ているときにファスティングをすると逆に効果が出なかったりしんどく感じたりします。やはり体調がいい時にチャレンジするのが効果的です。

5月あたりになると気候も落ち着いてきて、また薄着になる夏に向けてダイエットをされる方も多くなります。そんな時にファスティングはとても有効だと思います。

そんな初夏のファスティングに向けての大事なポイントを二つ紹介します。

1.水分補給をしっかりと

これを読んでいる方は「当たり前でしょ」と思われていると思いますが気温が高くなり薄着にもなってくるのでご自身が思っている以上に体から水分が抜けていきます。実はのどが渇くといった感覚が出た時点で脱水です。水分は血流にもかかわりますし代謝を高めるうえでとても大切な要素です。私はファスティングをされる方に普段の生活でも10分おきに一口飲むようにとアドバイスしています。仕事の都合などで実際10分おきに飲むのは難しいと思いますがそのくらいのつもりで空き時間があれば水分をしっかり補給することが大切です。

2.ミネラルを意識した食事を心がける

「炭水化物」はエネルギー。「タンパク質」は体の材料。「脂質」はホルモンなどの原料。これら三大栄養素は体を維持するための大切な原材料ですが、これらを分解していろいろな体の素材に変えるのに必要なものが「ビタミン」と「ミネラル」です。私たちが普段意識せずに食べていると前述の三大栄養素はほぼ足りています。ところがミネラルが圧倒的に少ないのが現状です。食材を洗いすぎたり調理するときに油で炒めたりと加熱や加工すると少なくなるんですね。なので意識してほしいのは「生で食べれるものはできるだけ生で」「調理するなら炒めるより、焼くまたは蒸す」これだけでもかなり改善されます。生野菜のサラダやわかめ、めかぶなどの海藻類がお勧めです。これらを普段の食事に加えるようにしましょう。

この2つを普段から意識することで代謝の高い健康的な体作りの基礎ができますよ。

健康な体作りが学べるファスティング

初夏のファスティング
トップへ戻る