ランジの効果

ランジは、下半身の筋力を鍛えるために非常に効果的なトレーニングです。

特に大腿四頭筋、ハムストリングス、そして臀部(おしり)を中心に鍛えるのに役立ちます。

正しいフォームで行うことが重要で、背中をまっすぐに保ち、膝がつま先よりも前に出ないように注意する必要があります。

ランジの効果

1. 下半身の筋力強化

ランジは特に大腿四頭筋、ハムストリングス、臀部を鍛えるのに優れたエクササイズです。これにより、パワーを増し、バランス感覚も向上します。


2. コアの安定性

ランジはコア(体幹)の安定性を高めるのにも役立ちます。正しいフォームを保つために、腹部と背中の筋肉が働くことになります。


3. 柔軟性の向上

ランジは脚の筋肉を伸ばすことで、柔軟性を向上させる効果もあります。

注意点

1. 正しいフォーム

背中をまっすぐに保ち、膝がつま先よりも前に出ないように注意しましょう。フォームが崩れると怪我の原因になります。


2. 範囲の制限

体の柔軟性や筋力に合わせて、無理なく行うことが大切です。自分の限界を知り、無理をしないようにしましょう。


3. 周囲の安全

周囲に十分なスペースがあることを確認し、転倒やぶつかりを防ぐようにしましょう。

ランジを行う際は、自分の体に合った方法で行い、無理をせずに継続することが重要です。

パーソナルトレーニング

ランジの効果
トップへ戻る