お酒は飲んでも大丈夫?

fasting

健康と美容と食育のスペシャリスト
ファスティングマイスターによるファスティング講座

 

ファスティングとお酒の関係

 

お酒は「百薬の長」とも言われていますが、実は体にとっては毒であり全くいいものではありません。

お酒好きの方には申し訳ないのですがアルコールは微量でも肝臓の負担になり解毒するために代謝が落ちます。

夜に深酒をすると次の日の朝がしんどかったりするのは寝ている間は肝臓の働きが解毒に集中して代謝が落ちているからなんですね。

 

肝臓は食べたものを消化吸収するための酵素を作り出し、細胞の作り替えを促進させ、体にとって不要なものや毒を無毒化して体外に排出させるといった生命を維持するための大切な働きをしています。

なので肝臓の働きをよくすることが太りづらい健康的で代謝の高い体をつくるためにの大切なポイントになります。

 

そういうわけでファスティング中もそうですが準備期に入る前から断食期や復食期も飲酒は避けておきましょう。

できれば復食期間が終わった後もしばらくの間は我慢したほうが、ファスティング後の健康的な体の状態を保つのに役立ちます。

 

またファスティングに関わらず、普段から飲酒が習慣になっている場合も注意が必要です。

毎日肝臓にアルコールの解毒の負荷をかけていると代謝酵素が活性化せず、日々の体のリセットやデトックスが薄れてしまいます。

せっかく体にいいものを食べていてもそれらが体に取り込まれないだけでなく、慢性的な肝臓の疲労は体力や集中力が落ち込んで生活の質を落としてしまいます。

夕方になると眠たくなったり集中力が途切れるのは肝臓の状態が悪くなっているサインです。

健康診断で肝臓の検査の数値が問題なくてもあくまで病気を前提にした数値です。より元気で健康的な生活な送るためにはお酒は出来るだけ避けたほうが無難です。

 

岡山市北区のパーソナルジム

ボディ&バランス

 

正しい知識をつけて健康な生活を

 

お酒は飲んでも大丈夫?
トップへ戻る