『見えない所で変化は起きている』

ただひたすらにダイエットを続けてきたにも関わらず、一向に体重が減らないという人はいると思います。身体は確かに引き締まり、細くなっているのに体重に一向に変化がない。これは一体どういう事なのでしょうか?一番考えられる可能性として、「体脂肪が減り筋肉が増えた」と考えられます。

日頃からあまり身体を動かさないという人がダイエットのために筋トレや運動を始めると筋肉量が増え、反対に体脂肪が減るという現象がおきます。脂肪は筋肉よりも軽いため、このような現象が起こると当然体重は変わりません。ダイエット中の人にとっては成果が数値として出てこないので不安に、そして不服に思うかもしれません。しかし筋肉が増えるということはそれだけ消費カロリーが上がるということです。つまり痩せやすい体質になっています。しかも身体が引き締まって見えます。なので体重に変化はなくとも、第三者から見ればきちんとあなたは痩せたように見えているはず。安心してください。

これからダイエットを始める人は体重だけ気にするのではなく、体脂肪率もしっかりとチェックするようにしましょう。

 

『見えない所で変化は起きている』
トップへ戻る