肝臓をきれいに!

fasting

肝臓は皆さんご存じの通りとても大切な臓器の一つです。

 

肝臓は小腸で吸収された栄養素をさらに分解してそれぞれ必要なものに変えたり、身体に入ってきた不要なものは毒素を無害化したりと生命維持の直結する臓器ですね。

例えばアルコールを飲むと酔って気分が楽しくなりますがアルコールは実は毒です。体には良くないんですね。

これを分解して無毒化するのも肝臓の働きです。

 

実は薬もある意味で毒です。薬の目的と作用は今とても辛いと思う症状を抑える効果を上げるために他の反応を犠牲にしています。

なので薬も体内に入ると肝臓では無毒化するように処理していきます。

体重などに合わせて薬の処方する量が変わるのは肝臓で無毒化するのを考慮して量を調整しているんですね。

薬をたくさん飲んだら効き目が高いなどと勘違いする方もいるので処方量が細かくしてされているわけです。

 

また残留農薬や水銀など本当に微量ではありますが普段食べている食物からも毒性のあるものが体に入ってくるのでこれらもすべて肝臓で処理しています。

また肝臓は解毒だけでなく体を作り替えるための消化と分解を助ける働きもあり「消化」「吸収」「解毒」ととても忙しい臓器だと言えます。

 

肝臓は解毒を優先して働きます。

なのでお酒を飲むと消化や吸収など体を作り替える働きを後回しにするので次の日の朝から疲れているなんてこともあります。

また近年の加工食品や脂肪の多い食事はさらに肝臓に負担を与え、肝炎や脂肪肝、肝硬変などの病気にもつながります。

 

実はこのような肝臓を元気にするためにもファスティングは役立ちます。

ファスティング中は食べ物が入らないので肝臓の「消化」「吸収」の負担が減り、体の作り替えの「代謝」や体内に残っている不要なものの「解毒」に集中できるんですね。

ファスティングすると身体が元気になると言われるのは肝臓が元気になっているということですね。

 

岡山市北区のパーソナルジム

ボディ&バランス

 

飲みすぎ、食べ過ぎが気になる方はファスティングでリセットしませんか

肝臓をきれいに!
トップへ戻る